便利なサービスを利用して情報を明確化する

注目のエクササイズ

そもそもピラティスとは何なのか

世界には色々な健康法の簡易運動法やマッサージやリハビリ動作などが存在します。それはプロスポーツ選手の体調の整えから、芸能人などの体調管理、そして一般人の日常的な健康法として多種多様に存在します。そして今回は、その1つになる「ピラティス」に関する記事です。ピラティスとは、正式名称は「ピラティス・メソッド」と言い、英語で綴るとPilates Methodと言います。これは、1920年代のドイツで誕生したと言われています。提唱者は従軍看護師のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラテスという方です。この方の名前をもじり「ピラティス」というエクササイズ健康法が誕生したと言われています。これは「真の健康と幸福を身につける為の健康法」という提唱目的に従った内容の思想が強く、そして現代ではドイツに限らず日本にまで伝わってきている事を意味する様に、世界中に教えが伝わっている健康法でもあります。そして日本でも、このピラティスの教室を開催して受講者を募るスポーツ&マッサージクラブスタイルでスクール経営がされている所も多々あります。

必要な資格などはあるのか

ピラティスのお仕事とは、現場の講師など以外は事務方で占める割合が多きな比重を持ちます。その為、もしピラティスで働きたいと考える場合には講師なのか、それとも事務方なのかを踏まえた考えを持つ必要があります。そして今回は講師のケースで話を進めます。講師になる為には、基本的に必要な資格などは特に無い事が多いです。これは民間資格などでピラティスに関連したり、柔道整体士などの資格を要したりするケースもありますが、多くの場合は25歳以下ならば経験不問や資格不問としている場合が多く、その現場での講師経験こそが、この業界で重要視される内容となります。仮に資格を必要とする場合でも、最初はアルバイトとして所属して貰い講習を受けて貰いつつ必要資格を取得して貰うというパターンもあります。若年層ならば門土は比較的存在しているお仕事であると言えます。